上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【画像】水があった頃の火星wwwwwwwwwwwwwwwww

1:風吹けば名無し:2014/02/18(火) 13:07:41.22 ID:1tRRMSVa




6:風吹けば名無し:2014/02/18(火) 13:09:03.42 ID:iV/OhtOB

こマ?


5:風吹けば名無し:2014/02/18(火) 13:08:32.08 ID:ioY6aeIO

うつくC


2:風吹けば名無し:2014/02/18(火) 13:08:05.74 ID:NuSkWbyS

地球かな?


<続きをよむ>
 

スポンサーサイト

【悲報】宇宙でのセッ○スは死ぬほど危険

1: シンガプーラ(長野県):2013/03/16(土) 13:29:30.57 ID:y4bOoixb0

研究者の合同研究の結果、宇宙で行うセッ○スは死に至るほど健康を害する恐れがあることがわかった。

学者らは植物を対象に実験を行い、重力が変化することで細胞が損なわれることを明らかにした。特にあまりに弱い重力あるいはあまりに強い重力は発育や花を咲かせる植物の植物細胞の花粉管の機能に影響を与える。
ザ・デイリー・メールが伝えた。

無重力状態は人間の繁殖過程、脳の活動に影響を及ぼす。研究者らは重力状態が長期にわたって変化する場合、アルツハイマーやガンのような不治の病や死に至る病を引き起こす危険性も除外していない。

一方で宇宙での○ックスの展望は、長期間ないしは恒常的に地球の外にいる人間にとって大きな意味を持っている。

宇宙でのセック○は死に至るほど危険
http://japanese.ruvr.ru/2013_03_16/108059019/




2: ヨーロッパヤマネコ(新疆ウイグル自治区):2013/03/16(土) 13:30:26.37 ID:toSkcbKU0

ふぅー危ないところだったぜ


9: キジ白(やわらか銀行):2013/03/16(土) 13:32:07.26 ID:olDqjuWm0

知ってたよ。だから俺は40年間○ックスしたことない。


<続きをよむ>
 

【宇宙】「第2の地球」発見か…12光年先、大気が存在する可能性

1: ◆SCHearTCPU @胸のときめきφ ★:2012/12/19(水) 19:53:04.61 ID:???0

英米豪などの研究チームが19日、地球から約12光年先に「第2の地球」の可能性がある惑星を発見したと発表した。太陽系外で生命が存在する可能性がある惑星としては、これまで発見された中で最も地球に近い。

研究チームは、肉眼でも見える秋の星座「くじら座」のタウ星に、地球の重さの2~6倍の五つの惑星があることを発見。その一つが、生命の存在に欠かせない水が液体として存在できる「ハビタブルゾーン」という領域にあることを確認した。地球の5倍ほどの重さで大気が存在する可能性があるという。タウ星との距離は太陽と金星ほどで公転周期は約168日。



*+*+ asahi.com +*+*
http://www.asahi.com/science/update/1219/TKY201212190391.html



3:名無しさん@13周年:2012/12/19(水) 19:53:55.41 ID:tfgGshMr0

ちょっと見てくる


5:名無しさん@13周年:2012/12/19(水) 19:54:47.14 ID:WJNVMesN0

あーそこ、交通の便が悪くておすすめしないわー


16:名無しさん@13周年:2012/12/19(水) 19:56:22.76 ID:1fwyzvw+0

正月帰ろうと思ったのに見つかっちまった(´・ω・ `)


<続きをよむ>
 

【宇宙ヤバイ】生命が存在する惑星は7つある!



1: ヒマラヤン(長野県):2012/12/12(水) 19:22:05.97 ID:Gm1ZNEtA0

天文学者らは銀河系のなかに、理論上生命に適する惑星を7つ発見したという。英紙「インディペンデント」が伝えた。

同紙によれば、昨年は太陽系の外において生命に適する惑星のリストが作成されていたという。

プエルトルコに本拠地を置く惑星上生命研究室は、チリにある各天文台のデータやケプラー宇宙望遠鏡のデータを活用しているという。地球と同じぐらいの大きさの惑星は80個発見されているが、そのうち7つのみが周囲の星との距離が生命の存在に適するものとなっているという。

私たちの銀河系に 生命に適する惑星は7つ
http://japanese.ruvr.ru/2012_12_12/97666990/


5: スナドリネコ(やわらか銀行):2012/12/12(水) 19:23:01.45 ID:YT1xRpOk0

それしかないの?


8: トンキニーズ(岩手県):2012/12/12(水) 19:23:56.17 ID:0vinz39z0

>>5
今観測できる範囲でって話だからな


<続きをよむ>
 

【人類滅亡】 地球を焼き尽くす恐怖の「磁極反転」Coming Soon!!

1:こっふぃ ◆coffeeFX4w (家):2012/12/11(火) 10:30:37.62 ID:UxzDXQqQ0●

マヤ暦・人類滅亡のXデーである2012年12月23日が迫っている。まさかあと10日ほどで人類が滅亡するなんてあり得ないと高をくくっているかもしれないが、仮にその日を乗り越えても、人類は決して安泰ではないという……。


***

地球の磁気の弱まりがここ数年、一気に進んでいることが各国の研究機関から続々と報告されている。現在、東京で磁石の針が示す北は、西へ7度ずれているのだが、約200年前には、ほぼ真北を指していたことが残存する地図の記録から確認されている。しかも地球の磁力もこの200年の間に10%近くも減少しているのだ。これはいったい、何が起こる前兆なのだろうか?

コンパスにも使われ、絶対的に不変の指針と思われている地球磁場だが、最近の研究では過去360万年の間に「ポールシフト」と呼ばれる地球の磁極反転(コンパスの示す方位が真逆になる)が11回も起こっていることが確認されている。なぜこんなことが起こるのか、そのシステムは完全には解明されていない。


前回の磁極反転は約78万年以上前に起こっており、周期的には近未来のいつ起こってもおかしくない現象なのだという。

では、この磁極反転が起こった場合どうなるのだろう。影響はさまざま考えられるが、一番恐ろしいのは、磁気が反転する直前、一時、地球が無磁気状態になることだといわれている。

普段、太陽から放出された高エネルギー粒子の流れ(太陽風)を受け流すバリアの役目を果たしている地磁気だが、これがなければ電磁波、放射線という太陽エネルギーが一気に地上に押し寄せてくるのだという。いうならば地球の表面全体が電子レンジで“チン”される状態に等しい。人類などひとたまりもないはずだ。

(取材・文/近兼拓史)



http://wpb.shueisha.co.jp/2012/12/11/15912/


3: バリニーズ(東京都):2012/12/11(火) 10:31:18.01 ID:UR2nhxxv0

その「まもなく」は何千年か先だろw


8: アビシニアン(やわらか銀行):2012/12/11(火) 10:34:04.17 ID:TKUHYxOm0

一気に逆転なんてあるの?


16: マンクス(岐阜県):2012/12/11(火) 10:38:13.17 ID:JCTX4PN30

>これはいったい、何が起こる前兆なのだろうか?
>そのシステムは完全には解明されていない


<続きをよむ>
 

↑TOP↑ | NEXT>>

ぷろふ

管理人:てっぽう



~様子見中~




色々募集中です(´ω`)ノ
詳細はこちら

かれんだぁ
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
書籍
いろいろ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

楽天さん
お世話になってます
ブログ内記事検索
広告
最新記事
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
最新コメント
かうんたぁ
ゲーム
広告
ロードオブワルキューレ オンラインゲーム
リンク



ブログランキング・にほんブログ村へ
QRコード
QR